ホーム > 公募型実証研究支援事業 > 実証研究成果確認登録一覧

研究課題公表による実証研究(A-IDEA)− 水道が抱える課題解決に向けて −

実証研究成果確認登録一覧

公募型実証研究支援事業とは、水道事業が抱える課題の解決につながる新技術の開発に取り組む企業に対し、実証研究を支援する事業です。公募型実証研究支援事業により実施した実証研究の実施状況又は成果は、実証研究報告書及びその他必要な書類等に基づき委員会が確認し、水道技術研究センターが実証研究成果確認書を交付します。

 

実証研究成果確認登録簿
No. 依頼者 成果確認登録番号 確認年月日
実証研究の名称 備考(確認条件等)
実証研究の成果(概要)
1 住友重機械エンバイロメント株式会社 実成確第10001号 平成31年3月25日
自動水質測定装置運用箇所における管理排水の自動制御による配水管網内水質管理効率化実証研究 詳細はこちら
(1)本装置の信頼性
本装置が実フィールドにおいて1年間設計どおりに作動することを確認した。
@ 自動管理排水起動/停止 A 管理排水流量
B フェイルセーフ動作   C 耐候性
(2)本装置の有効性
本装置が通常の水道事業体の水質管理業務中で運用可能なことを確認した。
@ 本研究期間を通じての遊離残留塩素濃度0.1mg/l以上の確保(外部要因によると判断される場合などを除く)
(3)その他
フィールド提供事業体から要望のあった2項目について検証した。
@ 自動管理排水実施時の騒音の検証と、騒音防止対策の有効性の確認
A 自動管理排水開始後の遊離残留塩素濃度降下現象の検証と、試験運用期間の必要性の確認
2 株式会社ヤマト 実成確第10002号 平成31年3月25日
配水管網内残塩濃度の安定化を目的とした浄水残塩濃度管理方法 詳細はこちら
実フィールドにおいて実証研究を行った結果、次の項目を確認した。
(1)残塩濃度の安定化
浄水場の前次亜・後次亜プロセスを対象に、フィードバック制御導入手順としてステップ応答からプロセスのモデリング、調節計パラメータ決定方法を提案し、浄水場で実証した結果、以下の2項目について確認した。
@ フィードバック制御の導入により、従来方式(ON-OFF制御)より目標値追随性が改善され、残塩濃度管理が容易になった。
A 原水変動にも対応し、従来方式よりも浄水残塩濃度低下を抑制できた。
(2)残塩濃度の平準化
送配水系統に対して適切な追加塩素導入地点の選定手法を提案し、浄水場からの遅れ時間を基に評価関数より選定した配水池に追加塩素を導入した結果、以下の2項目について確認した。
@ 追加塩素の導入により各観測点での残塩濃度差が減少し、送配水系統内の残塩濃度を平準化できた。
A 送配水系統に対して残塩濃度減少傾向を定量的に評価し、通年での末端残塩濃度や追加塩素の管理予測が可能となった。