ホーム > 「第3期A-Smartプロジェクト」参加募集

「第3期A-Smartプロジェクト」参加募集

水に関わる持続可能な扱いやすく信頼できる技術(アクアスマート・プロジェクト)
Aqua − Sustainable, Manageable and Reliable Technology

 

水道技術研究センターでは、技術進展が著しいIoT、AI 等のICT を活用した水道のスマート化が水道事業の最適化や効率化等に貢献するものと考え、その取組の一環として、平成29年8月に「A-Smart プロジェクト」を発足しました。このプロジェクトはスマート水道メーターの普及に向けて産官学が一体となり課題解決へ取組むものであり、第1期の取組みの成果物として、平成30年3月に「スマート水道メーター導入の手引き」を発行しました。また、平成30年度からは、新規メンバーを加えた2ヵ年計画の「A-Smart プロジェクト - スマート水道メーターの普及に向けて - 」(第2期)を開始し、スマート水道メーターの導入を検討する際に必要となる仕様(骨子)の作成や、通信等の実証実験(水道単独、及び、電力との共同検針)を進め、種々の知見を蓄積しました。その一方で、今後取組むべき課題、更に検証すべき課題も明らかになりました。そこで、水道技術研究センターではスマート水道メーターの普及に向けた取組みを継続するため、3ヵ年計画での第3期A-Smartプロジェクトの参加メンバーを募集します。

 

1.公募概要

(1)スマート水道メーターに関する取組みのあゆみと目的

水道技術研究センターでは、これまでのプロジェクトで見出された成果及び課題などを踏まえつつ、水道のスマート化の進展を目指し、令和2年度から3ヵ年計画で新規プロジェクト(第3期A-Smartプロジェクト)を実施したいと考えております。

 

表. 水道技術研究センターにおけるスマート水道メーターに関する取組みのあゆみと予定
実施期間 プロジェクト名 内容・成果物
H25〜H27 水道分野におけるスマートメーターに関する勉強会 スマート水道メーターの特性や課題等の把握
H27〜H29 水道スマートメーターに関する協議会 実証研究に取組む事業体を中心とした事業体間の情報共有、意見交換
H29 第1期A-Smartプロジェクト スマート水道メーター導入に向けた手引きの作成
H30〜R1 第2期A-Smartプロジェクト スマート水道メーター導入に係る仕様(骨子)の作成、
スマート水道メーターに適した通信等の実証実験
R2〜R4 第3期A-Smartプロジェクト 後述(2)参照

 

(2)成果目標

以下の成果物取纏め等を予定しますが、詳細はプロジェクト参加者で協議の上、決定します。

  • スマート水道メーター導入に係る付帯設備(メーターボックス等)の仕様(骨子)の作成
  • データ利活用方策の提案
  • 電力・ガスとの共同検針に係わる手続き等の課題と対応策の提案

 

(3)実施体制

 

2.実施期間

・令和2年8月から令和5年3月まで(予定)
・A−Smartプロジェクト会議は年3回を予定します。各検討チームで作業部会が必要となりますが、詳細は検討チームごとに設定して頂きます。

 

3.募集範囲

(1)水道事業体メンバーの募集範囲

・スマート水道メーターの導入について、実施中又は検討中、検討予定の事業体
・スマート水道メーターについて、情報交換や情報共有を図りたい事業体

 

(2)企業メンバーの募集範囲

・電子式水道メーター(スマート水道メーター)の製造または販売企業
・スマート水道メーターを利用した検針業務を実施している又は今後実施する可能性がある企業
・スマート水道メーターの通信業務を実施している又は今後実施する可能性がある企業
・水道メーターのボックス等の付帯設備を製造している企業
・コンサルタント企業
・電力、ガスのスマートメーター化に取り組んでいる企業
【注記】プロジェクト開始後の企業メンバーの途中参加は受付けません。

 

(3)企業メンバーの参加資格

・別途定める参加費用を期日までに支払うこと。
・水道又はスマートメーターに関する実績又は知見を有するとともに、水道のスマート化に関する提案ができること。
・水道又はスマートメーターに知見を有する者をプロジェクトへ参加させること。
・東京都暴力団排除条例(平成23年3月東京都条例第54号)第2条第4号に規定する暴力団関係者でないこと。

 

4.費用負担

本プロジェクトの参加費用は以下の通りとします。なお、プロジェクト参加に係る交通費・宿泊費等は、参加者の区分に関わらず参加者の負担とします。
(注)プロジェクトの開催場所は当センターを基本としますが、必要に応じて開催地を変更することがあります。
 

表 参加者区分と参加費(単年度、税別)
参加メンバー区分 第2期プロジェクトからの
継続参加メンバー
新規参加メンバー
※初年度のみ
翌年度からは左欄に同じ
水道事業体 無料 無料
民間企業等(センター会員) 30万円 80万円
民間企業等(センター非会員) 60万円 110万円

 

5.応募方法

(1)参加方法

会則(案)をご確認の上、参加申込書に必要事項を記入し、電子メール、FAX、郵送等で提出してください。
会則(案)及び参加申込書はこちらからダウンロードできます。
会則(案)(pdf形式)    参加申込書(Word形式)

 

(2)募集期限

令和2年7月10日(金)まで

 

6.審査

参加申込書をもとに審査を行い、選考結果は後日、応募者に通知します。

 

 

  問い合わせ先  

(公財)水道技術研究センター  調査事業部 上田、中野、日下部
TEL:03-5805-0264 FAX:03-5805-0265
e-mail:smart@jwrc-net.or.jp
※迷惑メール対策のため、@を全角にしています。半角に修正して送信してください。