ホーム > 製品情報

製品情報

クリプトレーサー1号  クリプトスポリジウム除去性能実験用疑似トレーサー(凝集沈殿・急速ろ過用)

「クリプトレーサー1号」は、クリプトスポリジウムオーシスト(Cryptosporidium parvum)が各浄水処理工程でどの程度除去できるのか、実験して調べるための代替トレーサー粒子です。

 

【本製品の特徴】

  • 本製品は、主に凝集沈殿・急速砂ろ過施設の性能を調べるためのもので、室内実験、実規模プラント実験の双方で使用が可能です。
  • 粒径、比重、ゼータ電位を実物のオーシストと類似させてあり(下表参照)、国立感染症研究所の協力を得て行った、ジャーテスト、砂ろ過カラム実験でも実物のオーシストと同様の挙動を示すことが確かめられております。
  • 顕微鏡下で容易に判別ができるよう、蛍光染色を施してあります。
  • 本製品は、純水中に懸濁させてあり、粒子濃度は1011個/Lです。
  • 価格は100CC 5本セット1万5千円、20リットル15万円です。

【使用方法例】

  1. 原水にトレーサー粒子数が105〜106個/Lとなるよう添加します。
  2. 原水及び、凝集沈殿・急速ろ過処理後のサンプル水を25mmφポリカーボネートフィルター上に吸引ろ過します。ろ過するサンプル水量は、1回の計数値が概ね20個以上になるように適宜調整します。
  3. フィルターをスライドガラス上に移します。
  4. フィルター全面を200倍で検鏡し、透過光と蛍光(UV励起)を同時に照射して青色に観察される約5µmの粒子の個数を計数します。
  5. 原水と処理水の粒子の差より除去率を算出します。

 

クリプトレーサー1号の性状

  クリプトレーサー1号 Cryptosporidium parvum
oocyst
材 質 ポリメチルメタアクリレート
(PMMA)
 
粒 径 5.0µm 4〜6µm
比 重 1.19 1.05〜1.10
ゼータ電位 -29mv
(pH6.6)
-25mv
(pH6.0〜6.5)
個 数 1011 (乳白液状)  
色 調
(UV励起蛍光下)
 
製品情報 クリプトレーサー1号

 

クリプトレーサーM  クリプトスポリジウム除去性能実験用疑似トレーサー(膜ろ過用)

クリプトレーサーMは、膜ろ過性能を確認するためにクリプトスポリジウムオーシス ト(Cryptosporidium oocyst)の代替トレーサー粒子です。

 

【本製品の特徴】

  • 本製品は、膜のろ過性能を調べるためのもので、室内実験、プラント実験の双方で使用が可能です。
  • 粒径、比重、を実物のオーシストと類似させてあります。
  • クリプトは圧力により変形することが知られており、NSF規格ではCryptosporidium parvumオーシスト代替粒子として粒子径が3.0±0.15µmと規定されております。クリプトレーサーMの粒径はNIST(米国立標準技術研究所)の標準粒子を基準にして測定すると3.1µmとなります。
  • 本粒子は膜分離技術振興協会のAMST−004(水道用大孔径ろ過膜モジュール規格)にて膜ろ過性能の評価に使用されています。
  • 顕微鏡下で容易に判別ができるよう、蛍光染色を施してあります。
  • 本製品は純水中に懸濁させてあり、粒子濃度は1010個/Lです。
  • 価格は100CC 5本セット1万円(非会員価格:1万5千円)、20リットル10万円(非会員価格:15万円)です(税抜き価格)。

【使用方法例】

  1. 原水にトレーサー粒子を添加します。
  2. 原水及び、膜ろ過処理後のサンプル水を所定の容器に20L採取し、サンプル水をメンブレンフィルターでろ過します。
  3. メンブレンフィルター上の粒子の個数を計数します。
  4. 原水と処理水の粒子個数の差より、膜のろ過率を評価します。

 

クリプトレーサーMの性状

  クリプトレーサーM Cryptosporidium parvum
oocyst
材 質 ポリメチルメタアクリレート
(PMMA)
 
粒 径 3.1µm 4〜6µm
比 重 1.19 1.05〜1.10
ゼータ電位 -18mv -25mv
個 数 1010個/L  
色 調
(UV励起蛍光下)
 
製品情報 クリプトレーサーM