ホーム > 事業概要 > 技術支援事業

技術支援事業

技術支援事業として、水道施設等の機能の維持や向上を目的とする機能診断を実施しています。また、水道施設等の円滑かつ適確な設置、維持管理の確保、水道技術の向上及びその適切な普及促進を目的に技術評価等を実施しています。
本事業については、会員・非会員を問わず申請が可能です。申請手続・申請料・審査内容の詳細については、お問い合わせ下さい。

  • 技術評価、技術認定、適合認定等の用語の定義について    リンク
  • 水道技術支援事業規程の体系について    リンク
  • 浄水施設等の技術評価、技術認定及び適合認定の事務処理フローについて    リンク
  • 認定・評価の一覧はこちら    リンク

 

膜ろ過施設の普及に向けて

導入支援した膜ろ過施設

膜ろ過施設の導入事例

水道用膜ろ過装置製造事業者に対し、膜ろ過装置の性能調査を行い、技術認定をしています。さらに、水道用膜の標準化・規格化を図るため、「水道用膜モジュールJWRC仕様」を制定し、平成17年11月より適合認定の業務を実施しています。これらにより水道用膜ろ過施設の普及促進に努めています。

膜ろ過施設の普及状況

膜ろ過施設の普及状況

膜ろ過浄水施設(MF膜・UF膜)の導入状況(累計)
(建設予定及び建設中のものを含む。)

 

紫外線照射装置の普及に向けて

導入支援した紫外線照射装置

紫外線照射装置の導入事例

紫外線照射装置製造事業者に対し、「紫外線照射装置JWRC技術審査基準」を制定し、平成20年より適合認定の業務を実施しています。これにより紫外線照射装置の普及促進に努めています。

紫外線照射装置の普及状況

紫外線照射装置の普及状況