English
  • 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色

国際シンポジウム開催実績

 水道技術国際シンポジウムは、当センターの前身である財団法人水道管路技術センター発足直後の昭和63年に第1回を神戸市で開催し、それ以降3年ごとに開催しています。前回は横浜市と実行委員会を結成し、令和元年7月9日~11日に「第11回水道技術国際シンポジウム」を開催した。この第11回シンポジウムでは、「水道サービスとその将来 - 信頼、持続、そして、スマート -」をメインテーマとして、海外招待者による講演や分科会などでの論文発表、総合パネルディスカッション等を行い、活発なる討議がなされました。参加者は、34カ国・地域から、648人でした。また、同時開催した展示会では41社・団体がブースを出展し、3日間を通じて3,545人の入場者がありました。
 なお、今後については、開催方式を含めて見直しを行っています。

 各回の開催概要は以下のとおりです。
 なお、本シンポジウムは会員・非会員を問わず、参加が可能です。

水道技術国際シンポジウム開催一覧

 回 開催日 メインテーマ 会場 シンポジウム参加者(人) うち海外参加者(人) 展示会参加者(人) 展示会出展企業団体
第1回 昭和63年
11月7~8日
水道管路の情報管理システムの展望 神戸国際会議場 512 7ヶ国・地域
19
2,200 29
第2回 平成3年
12月11~13日
21世紀への水道管路 神戸国際会議場 616 9ヶ国・地域
31
4,985 52
第3回 平成6年
6月22~24日
高水準管路への挑戦 神戸国際会議場
及び国際展示場
656 5ヶ国・地域
11
5,975 57
第4回 平成9年
11月12~14日
安心できる水道を目指して 神戸国際会議場
及び国際展示場
536 16ヶ国・地域
21
7,081 61
第5回 平成12年
11月15~17日
新しい世紀を迎える水道 ポートピアホール
及び神戸国際展示場
1,026 28ヶ国・地域
60
10,572 82
第6回 平成15年
3月18~19日
21世紀の水道システムの展望 神戸国際会議場
及びインテックス大阪
749 13ヶ国・地域
30
(第3回世界水フォーラム関連事業)
第7回 平成18年
11月22~24日
新しい水道技術と水道事業の多様な展開 パシフィコ横浜 957 30ヶ国・地域
105
13,680 80
第8回 平成21年
6月10~12日
持続可能な水道サービスに向けた新たな挑戦 神戸国際会議場
及び国際展示場
748 16ヶ国・地域
45
7,900 56
第9回 平成24年
11月20~22日
しなやかな水道システム-安全、持続及び環境の追究 パシフィコ横浜 806 33ヶ国・地域
92
7,461 65
第10回 平成27年
7月20~22日
変化に対応する水道システムの新展開 神戸国際展示場 849 63ヶ国・地域
156
8,236 41
第11回 令和元年
7月9~11日
水道サービスとその将来 - 信頼、持続、そして、スマート - パシフィコ横浜 648 33ヶ国・地域
80
3,545 41

第11回水道技術国際シンポジウムの記録

海外特別講演・海外招待講演 講演資料

  Sudhir Murthy(国際水協会(IWA) 上席副会長)

  Marcus Rink(英国 飲料水検査官事務所(DWI) 最高検査官)

  Mark Stephens(豪州 南オーストラリア州水道公社 アセット主任分析官)

  Emile Cornelissen(オランダ 水循環研究所(KWR)浄水処理シニア研究員)

  Young-June Choi(韓国 ソウル特別市水道局研究開発部長)

  Sam Young(米国 サンフランシスコ公共事業委員会(SFPUC)配水部エンジニアリングマネージャー)

  Shane Morgan(ニュージーランド ウォーターケアサービス社 最高運営責任者)

このページを共有